ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 人権擁護委員 > 元人権擁護委員 東名和義さんが、大分地方法務局長表彰を受けました!

元人権擁護委員 東名和義さんが、大分地方法務局長表彰を受けました!

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月7日更新

退任人権擁護委員 東名和義さんに対して大分地方法務局長より感謝状が贈られました。

 元人権擁護委員 東名和義さんが、平成29年6月30日付けをもって任期満了により人権擁護委員の職を退任されました。東名和義さんにつきましては、人権擁護委員として多年にわたり務められ、職務上の功績が顕著であったことから大分地方法務局長より感謝状が贈呈されることとなり、7月31日(月曜日)に杵築本庁舎市長室で、伝達式が執り行われました。
 伝達式では、大分地方法務局杵築支局 金丸支局長より大分地方法務局長感謝状が伝達され、永松市長より「これからも人権擁護委員であった経験を活かされて、杵築市民のためにお力添え賜わればと思います。」などの祝辞が贈られました。
 東名和義さんからの謝辞では、「市民の方の相談を直接聞いて、解決は中々難しかったのですが、少しでも解決に向けて話を聞いてあげられたのは、良かったなあと思ってます。また、人権紙芝居もいい活動で、子どもたちがじっと静かに聞いてくれたのもいい思い出になってます。」などと述べられました。  

        

【被表彰者】  東名 和義 (とうみょう かずよし) さん (杵築市大字八坂)

 ◎略歴

  ・人権擁護委員 1期 3年3ヵ月(平成26年4月~平成29年6月まで) 

東名委員

東名委員

 

< 伝達式の様子 >

 

新任の人権擁護委員も委嘱されました。

 人権擁護委員は、国民の基本的人権が侵犯されることのないように監視し、もしこれが侵犯された場合には、その救済のため、すみやかに適切な処置を執るとともに、常に自由人権思想の普及高揚に努めることをもってその使命とし法務大臣から委嘱されます。杵築市では、11名の委員が活動しています。

 このたび平成29年7月1日付けで、法務大臣より下記の1名が委嘱(新任)され、活動をはじめております。                                                

                                   

  【新任】  市村 孝徳 (いちむら たかのり) さん    (杵築市大字八坂)    

  

                            

【関連ページ】

 杵築市の人権擁護委員については、下記ページにアクセスください。

〇杵築市内の人権擁護委員を紹介します!(別ウィンドウで開きます。)