ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 地域おこし協力隊
地域おこし協力隊について
活動について

地域おこし協力隊とは

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年7月1日更新

6人の隊員が活動開始

平成27年4月から杵築市でも「地域おこし協力隊員」が活動を開始しました。
現在、6人の地域おこし協力隊員が杵築市に転入し、以下の活動に取り組んでいます。活動状況は、ブログ「杵築市地域おこし協力隊活動日記」(外部サイト)をご覧ください。

 ・定住の促進を図る活動
  市内の利用可能な空き家の情報収集及び現地調査をし、空き家バンク登録への働きかけや登録を行う活動。

 ・観光振興及び情報発信を行う活動
  日本語及び外国語での対応で観光案内や情報発信を行う活動。

 ・農業生産者の支援活動
  農業生産現場及び農業法人での農作業や製造・加工作業を行う活動。

 ・地域コミュニティ組織の支援活動
  大田地域を中心に住民自治協議会やNPO法人等をサポートする活動。

地域おこし協力隊とは?

地域おこし協力隊は、都市地域から過疎地域等の条件不利地域に住民票を移動し、生活の拠点を移した者を地方公共団体が「地域おこし協力隊員」として委嘱。
隊員は、一定期間、地域に居住して、地域ブランドや地場産品の開発・販売・PR等の地域おこしの支援や、農林水産業への従事、住民の生活支援などの地域協力活動を行いながら、その他地域への定住・定着を図る取り組みになります。