ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 地域おこし協力隊 > 地域おこし協力隊員を募集します!
地域おこし協力隊について
活動について

地域おこし協力隊員を募集します!

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月11日更新
地域おこし協力隊員募集 杵築市は、大分県の北東部、国東半島の南部に位置し、緑豊かな山間地域と別府湾・伊予灘を望む風光明媚な海岸地域を併せ持つ、自然風土に恵まれた地域です。
 市の中心部は、武家屋敷や石畳の坂道など江戸時代の面影を色濃く残した城下町の町並みが残っており、「坂道の城下町」、「きものが似合う歴史的町並み」として皆様に親しまれています。
 しかしながら、本市においても人口減少や高齢化、基幹産業の衰退など、地域力の低下が心配されています。
 このような状況の中、市では地域を元気にして、「歴史と文化の薫り高き 豊かな感性があふれるまち」を将来像に、安心して生活できるまちづくりを目指すため、意欲を持って取り組む人を「地域おこし協力隊員」として募集します。

募集概要

1.活動内容

■農業生産者の支援活動
・農業生産現場での活動
 生産現場での農作業及び農業法人での荷受け、選別、出荷作業
・農産物の販売や情報発信
・その他、農業振興活動

2.募集人数

 1名

3.応募条件

(1)居住地要件(現在お住まいの住所地)
 3大都市圏内の都市地域(※1)または地方都市(条件不利地域(※2)は除く)にお住まいの人、または、これまで地域おこし協力隊員として、一定期間(2年以上)活動し、かつ解嘱から1年以内の人で、活動期間中、杵築市に住民票を異動することができる人。
   ※1 3大都市圏の都市地域とは
       埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、岐阜県、愛知県、三重県、京都府、大阪府、兵庫県及び奈良県の区域の全部
   ※2 条件不利地域とは
      次の(1)から(7)のいずれかの対象地域・指定地域を有する市町村をいう。
       (1)過疎地域自立促進特別措置法(みなし過疎、一部過疎を含む)
       (2)山村振興法 (3)離島振興法 (4)半島振興法 
       (5)奄美群島振興開発特別措置法 (6)小笠原諸島振興開発特別措置法
       (7)沖縄振興特別措置法
※条件不利地域を有する市町村であっても、区域によって対象となる場合もありますので、具体的な都市名等、不明な点はお問い合わせください。
(2)心身共に健康で、地域住民と協力しながら、集落を元気にするために意欲をもって精力的に行動できる人
(3)地域おこし協力隊の活動終了後も、本市に定住及び定着する意思のある人
(4)平成30年4月1日現在で、年齢が、満20歳以上50歳以下の人(性別は問いません)
(5)普通自動車運転免許を有し、日常的な運転に支障のない人
(6)通勤のための交通手段(自家用車等)を用意できる人
(7)パソコンの一般的な操作ができる人
(8)次のいずれにも該当しない人
(イ)成年被後見人または被保佐人
(ロ)禁固刑以上の刑に処せられ、その執行を終わるまでまたはその執行を受けることがなくなるまでの期間中の人
(ハ)杵築市職員として懲戒免職の処分を受け、この処分の日から2年を経過しない人
(ニ)日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法またはその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他団体を結成し、またはこれに加入した人

4.活動場所

 杵築市内ほか

5.活動日数・時間

 原則として、月16日間で、8時30分から17時までとします。(12時15分から13時までは休息時間です)
※活動日以外の日は、隊員自身の定住につながる活動などに活用してください。
 定住活動を行うにあたっては、事前に市に相談してください。
※これ以外に活動する場合は、それに対応する時間を調整します。
 

6.任用形態・期間

(1)非常勤特別職として、市長が委嘱します。
(2)任用期間は、平成30年6月1日から平成31年3月31日までとします。ただし、勤務状況等により、最長で平成33年5月31日まで期間延長を行う場合があります。

7.報酬

 月額160,000円(社会保険料等自己負担分を含む。賞与なし)

8.待遇・福利厚生

(1)社会保険 雇用保険
(2)活動期間中に生活する住居は、必要に応じ、予算の範囲内で市が用意します。
(3)活動に必要な備品(活動車両、パソコン等)は貸与します。また活動に要する経費は、予算の範囲内で市が負担します。
・旅費(活動に関連して出張した場合など)
・消耗品費
・活動車両用燃料費
・研修会等負担金(食糧費は除く)ほか
※その他、活動に必要なものについては、必要に応じ、予算の範囲内で市が用意します。
※生活用備品や住居の光熱水費、共益費等は隊員負担とします。
※拠点となる事務所までの交通手段(自家用車等)は、隊員本人がご用意ください。

9.その他

活動を行う上で必要なことについては、市及び関係者とでその都度協議します。

10.休日・休暇

 原則として、土、日、祝祭日、年末年始(12月29日から1月3日)とします。ただし、土、日等に活動する場合は他の日に振り替えます。

11.応募手続き

(1)申込受付期間
 平成30年4月11日から平成30年5月2日(必着)
 提出書類を「杵築市役所協働のまちづくり課」あてに簡易書留にてお送りください。
 直接提出する場合の受付時間は、8時30分から17時までです。(土、日、祝日は除く)尚、提出された書類は返却しません。
(2)提出書類
・応募用紙 1通
 ※杵築市のホームページよりダウンロードするか、杵築市役所協働のまちづくり課まで請求してください。
・住民票 1通
・運転免許証の写し 1通
・活動目標レポート(A4用紙で1000文字程度。書式自由、ワープロ可)
 「杵築市地域おこし協力隊に応募した動機及び活動の目標」をテーマとしてレポートを提出してください。
※提出された個人情報については本公募のみに使用し、その他の目的には使用しません。
※採用審査にあたり、応募者の本籍地に対して、欠格条項の照会を行います。

12.選考の流れ

(1)第一次選考
 募集期間終了後、直ちに書類選考を行い、その結果を応募者全員にお知らせします。
(2)第二次選考
 第一次選考の合格者を対象に、5月中旬頃に杵築市役所にて第二次選考(面接)を行います。
 詳細については、第一次選考結果と共にお知らせします。なお第二次選考(面接)に要する交通費・宿泊費等は個人負担とします。
(3)最終選考結果の報告
 最終選考結果は、第二次選考日の翌日以降、面接者全員に直ちにお知らせします。
 なお、選考経過については一切お答えできません。

13.応募先・お問い合わせ

杵築市役所 協働のまちづくり課 コミュニティ協働係
〒873-0001 大分県杵築市大字杵築377番地1
Tel:0978-62-3131(代表) Fax:0978-63-3833
E-mail:machidukuri@city.kitsuki.lg.jp