ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市長の部屋

こんにちは市長室です

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年1月1日更新

新着情報

新着情報のRSS配信


永松悟(ながまつ・さとる)と申します。

杵築市長 永松 悟

新年ごあいさつ

 明けまして、おめでとうございます。皆様におかれましては、輝かしい新春をお迎えのことと心からお慶び申し上げます。
 さて、昨年を振り返りますと、多くの課題が山積する中、「杵築市まち・ひと・しごと創生総合戦略」に基づき、本市の活性化に向け、全力で取り組んでまいりました。
 基幹産業の農林水産分野では、本市の優れた特産品を「きつきのきづき」としてブランド化する事業を展開しており、現在、9品目を認定しています。これらは、「ふるさと納税」の返礼品としても大変人気があり、寄附金額の倍増などの成果を上げています。本年も、引き続き、消費者に信頼され愛される高品質の特産品の開発に向け、果敢に挑戦してまいります。そして、県内初の設置となる地域商社や整備予定の「道の駅」等を活用し、「チーム杵築」として売り出します。儲かる農林水産業を目標に、農業の魅力を高め、所得の向上を図り、担い手、後継者の確保に努めてまいります。
 観光分野では、インバウンド観光が注目を集める中、着物での城下町散策を中心に国内外から多くのお客様に訪れていただいています。昨年は、「小熊山古墳・御塔山古墳」の国の史跡への指定や「北台・南台地区」の「重要伝統的建造物群保存地区」への選定など、全国に杵築の名を広めることができました。今後、お客様をお迎えする「おもてなしの心」に磨きをかけるとともに、魅力溢れる観光資源を全国、さらには海外へ情報発信し観光振興に努めてまいります。
 保健・医療・福祉分野では、本市の「地域包括ケア」への取り組みが国から高い評価を受け、昨年、地方自治法施行70周年記念式典において総務大臣表彰を受賞いたしました。今後、高齢者だけでなく、子育て世代や障がいのある方などの支援も充実させるため「全世代型地域包括ケア」の取り組みを進め、誰もが住み慣れた地域で安心、安全に暮らせる地域づくりを進めてまいります。
 市民の皆様には、「健康で活力のある安心の杵築市」の実現に向け、市政運営に対しましまして、引き続き、格別のご理解とお力添えを賜りますようお願い申し上げます。
 結びに、本年が皆様にとりまして、素晴らしい年となりますよう祈念申し上げ、新春のごあいさつといたします。

                             杵築市長 永松 悟