ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 市の概要 > 統計情報 > 9月掲載 《西鹿鳴越区のみなさん》

9月掲載 《西鹿鳴越区のみなさん》

印刷用ページを表示する掲載日:2016年9月23日更新

 最新の人口・世帯数

人口8月末時点

※住民基本台帳による。( )内は先月比。

西鹿鳴越区のみなさん

9月18日、西鹿鳴越地区で鹿鳴越諏訪神社の「御柱祭(おんばしらさい)」が行われました。

6年に1度(寅年と申年)行われるこの祭りは、今年で6回目。地区のお祭りとして受け継がれています。

西鹿鳴越区のみなさん

西鹿鳴越地区は、昭和28年から3年にわたり長野県諏訪郡一円から入植した若者たちによって開拓されました。

鹿鳴越諏訪神社は、入植30年目に先人の故郷である長野県の諏訪大社から分霊し建立されたもの。地区のみなさんの手造りです。

建立以来、御柱祭も本宮の開催に合わせて行われてきました。

御柱祭の様子

神社からおよそ500メートル離れた広場で出発式が行われました。

御柱祭の様子

近隣の地域の方も参加し、トラクターと人の力で柱をひっぱります。

御柱祭の様子

神社への参道は階段になっており、ここからは人力だけで運びます。

御柱祭の様子

4本の柱を神社の四方に立て、今年の祭りは無事終了しました。

御柱祭の様子

毎年地区の牧場にファームステイをしている大学生の宮崎裕貴さんは、今回始めて祭りに参加したとのこと。

「入植してきたみなさんの心の支えになっている祭りだと感じました。受け継がれていってほしいです。」とこの日の感想を聞かせてくれました。

開拓入植五十周年記念の碑

公民館には、入植五十周年につくられた記念碑もあり、当時の苦労と繁栄の願いを今に伝えています。

入植から三代目にあたる(開拓三世)宮尾浩さんは、「おじいちゃんたちが入植してきて始めた伝統を継承できて嬉しい。これからも引き継いでいってほしい。」と話してくれました。


8月末時点

総人口:30,360人(-41)
   男:14,631人(-23)
   女:15,729人(-18)
世帯数:13,556世帯(-10)

※住民基本台帳による。( )内は先月比。

杵築市の人口推移

バックナンバー