ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 生活環境課 > ふとん類、エアゾール缶、電池・ライター、ベッドマットのごみ出しの方法

ふとん類、エアゾール缶、電池・ライター、ベッドマットのごみ出しの方法

印刷用ページを表示する掲載日:2017年2月8日更新

ふとん類、カセットコンロ用ガス缶や殺虫剤などのエアゾール缶、電池・ライター、ベッドマットのごみ出しの方法をお知らせいたします。  

(1)ふとん類のごみ出しの方法 ※平成29年4月から変わります!

これまで、ふとんや毛布類のもやすごみは、指定ごみ袋に入らなければ、ごみ袋を外側に貼り付けてもやすごみとしてごみ集積場に出すことができました。

4月からは、指定ごみ袋に入らない場合は「粗大ごみ」となります。ふとんや毛布など最大3枚を一組(ヒモで十文字にしばる)として、粗大ごみ収集運搬申込シール1枚(300円)を貼り付けてください。ご自宅まで収集業者が回収にお伺 いします。

粗大ごみの申込先は、生活環境課(0978-62-1807)、山香振興課(0977-75-2401)、大田振興課(0978-52-2222)となります。

※厚さの薄いものや裁断ができて、指定ごみ袋に入る場合は、もやすごみとしてもやすごみ袋に入れてごみ集積場に出すことができます。

     futon

(2)カセットコンロ用ガス缶や殺虫剤などのエアゾール缶のごみ出しの方法

カセットコンロ用ガス缶・殺虫剤や整髪料などのエアゾール缶(スプレー缶)は、もやさないごみではなく「資源ごみ」として出してください。 ※使い切った上、キャップ類は外して出してください。

飲料用の空き缶類に混ぜてごみ袋に入れても構いません。もやさないごみ袋より安価な資源ごみ袋で出せるため、ご家庭にとっても経済的であり、資源ごみの再利用にも役立ちますのでご協力をお願いします。

ただし、塗料や染料の入っていたスプレー缶は、資源ごみとして出すことができませんので、「もやさないごみ」として出してください。

     gas

※毎月2回収集の「資源ごみの日」に出してください。

(3)電池・ライターのごみ出しの方法

電池・ライターは、火災発生の未然防止のため、透明のビニール袋に入れて、もやさないごみ袋の結び口にくくり付けてください。

(4)ベッドマットのごみ出しの方法

スプリング付きのベッドマットは、外側の布部分を取り除き、スプリングのみの状態にして、「粗大ごみ」として市までお申し込みください。  取り除いた布部分は、もやすごみ袋に入れてごみ集積場に出してください。