ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 人権・同和対策課 > 11月12日~25日は「女性に対する暴力をなくす運動」期間です!

11月12日~25日は「女性に対する暴力をなくす運動」期間です!

印刷用ページを表示する掲載日:2017年11月1日更新

           
 暴力は、その対象の性別や加害者、被害者の間柄を問わず、決して許されるものではありません。特に、配偶者からの暴力、性犯罪、売買春・人身取引、セクシュアル・ハラスメント、ストーカー行為等、女性に対する暴力は、女性の人権を著しく侵害するものであり、男女共同参画社会を形成していく上で、克服すべき重要な課題です。

 杵築市では、期間中、街頭キャンペーン及び市民講演会を開催します。

 大分地方法務局及び大分県人権擁護委員連合会では「女性の人権ホットライン」強化週間を実施します。

 

☆「女性に対する暴力をなくす運動」街頭キャンペーンを実施します。

平成29年11月20日(月曜日)

(1)11時00分から 杵築市山香町内河野  「神田楽市」

(2)16時00分から 杵築市北浜  「サンリブ杵築店」  「Aコープ杵築店」

*市内女性団体等に協力してもらい、啓発チラシ等の配布を行う予定です。(1時間程度予定)

 

≪各種相談窓口のご案内≫

大分県消費生活・男女共同参画プラザ(アイネス)の相談窓口 9時00分から16時30分(土日祝除く)

◎女性総合相談 女性が抱える様々な問題や悩みに関する相談 ☎097-534-8874

◎男性総合相談 男性が抱える様々な問題や悩みに関する相談 ☎097-534-8614

◎男女共同参画についての申し出や施策に対する苦情、人権侵害等の相談等 ☎097-534-8477

◎DV(ドメスティック・バイオレンス)に関する相談 ☎097-534-8874
                                 

女性に対する暴力等の相談窓口

■配偶者暴力相談支援センター

 ・大分県婦人相談所 (※男性に対する暴力等の相談はアイネスへ) ☎ 097-544-3900 

 (月から金曜日9時00分から21時00分、土日祝13時00分から17時00分、18時00分から21時00分)

■女性の人権ホットライン(大分地方法務局人権擁護課) ☎ 0570-070-810

 (月から金曜日 8時30分から17時15分 土日祝除く)

 ※「女性の人権ホットライン」強化週間については、下記サイトをご確認ください。

 〇全国一斉「女性の人権ホットライン」強化週間!(別ウィンドウで開きます。)
                                    

いわゆるAV出演強要問題・「JKビジネス」問題等についての相談窓口

相談内容に応じて様々な窓口があります。

〇 若年層を対象とした性的な暴力の啓発【内閣府ウェブサイト】(別ウィンドウで開きます。)
                                          

☆「女性に対する暴力をなくす運動」について

 女性に対する暴力は、夫・パートナーからの暴力、性犯罪、売買春、セクシュアル・ハラスメント、ストーカー行為等女性に対する暴力は、女性の人権を著しく侵害するものであり、男女共同参画社会を形成していく上で克服すべき重要な課題です。

 本来、暴力は、その対象の性別や加害者、被害者の間柄を問わず、決して許されるものではありませんが、暴力の現状や男女の置かれている我が国の社会構造の実態を直視するとき、特に女性に対する暴力について早急に対応する必要があります。女性に対する暴力は、人間としての尊厳を否定する行為で、決して許されるべきものではありません。このことは、国際的にも重大な問題として認識されており、1999年12月、国連総会は 11月25日を「女性に対する暴力撤廃国際デー」として指定しました。

 この国際日に、各国政府・国際機関・NGOに対して、この問題に関して世論の意識を喚起するための活動を行うよう国連総会は促しています。

 11月25日という日付は、1961年、ドミニカの支配者ラファエル・トルヒジョの命令により、ドミニカ共和国の政治活動家であったミラバル姉妹が惨殺されたことにちなんで制定されました。

 日本でも毎年、11月12日から25日までの2週間を「女性に対する暴力をなくす運動」の期間として、内閣府をはじめとする関係省庁や地方公共団体等で様々な運動を展開しています。