ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 上下水道課 > 下水道の目的とはたらき

下水道の目的とはたらき

印刷用ページを表示する掲載日:2017年4月1日更新

下水道の目的

杵築市では、「環境にやさしいまち、住みよいまち」を目指して、公共下水道の整備を進めてまいりました。

地球環境に大きく貢献する下水道。その役割を紹介します。

トイレの水洗化 

掃除のお手入れが簡単になり、臭いのない清潔なトイレになります。水洗トイレが使えるようになるイメージ

生活環境の改善

 生活排水などの汚水が、住宅周辺に直接流れてくることがないため、
悪臭、蚊、ハエの発生を防ぎ、伝染病の予防にもなります。

 また、し尿浄化槽は、トイレの水だけを処理する施設で、下水道と比較するとその処理能力は十分とはいえません。
維持管理が不十分ですと汚れた水が処理しきれずに側溝に流れたり、悪臭の原因になりますが、下水道に直接流し込むことでし尿浄化槽がいらなくなります。

生活環境の改善が図れているイメージ

公共用水域の水質の保全

 生活排水は、きれいな水に処理されてから川や海へ返されるため、
美しい自然が守られます。

水質の保全が図られているイメージ

雨水の排除

 雨水を地面や道路から早くに排除することによって、浸水の被害などから私たちを守り、安全な生活を送ることができます。

雨水のスムーズな排除のイメージ

下水道のしくみとはたらき

 下水道は、下水を集めて処理場へ運ぶ管渠及びポンプ場、集められた下水を処理する下水処理場から構成されています。
 家庭、工場、事業所から排出される汚水及び雑排水は、各家庭や工場に設けられた排水設備から汚水ますに
流れ込み下水菅を通じて処理場へ流入し、きれいな水に処理された後、河川などへ放流されます。

下水の排除方法

 下水を集めて流す方法(排除方法)には、汚水と雨水を別々の管に集め、雨水はそのまま川や海へ流し、汚水だけを下水処理場へ運ぶ「分流式」と、汚水と雨水を同じ管に集めて下水処理場へ運ぶ「合流式」があります。

※杵築市では「分流式」を採用しています。

下水処理場の役割

下水処理場に運ばれた下水は、微生物のはたらきできれいにされ、川や海、ダムなどへ放流されます。

水の循環のイメージ