ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 商工観光課 > セーフティネット保証

セーフティネット保証

印刷用ページを表示する掲載日:2013年10月23日更新

セーフティネット保証とは?

 経営安定関連保証(セーフティネット保証)とは、取引先企業の倒産、取引金融機関の破綻、自然災害等により経営の安定に支障を生じている中小企業者への資金供給の円滑化を図るために、信用保証協会が一般保証の限度額とは別枠で保証を行う制度です。
 市内の事業者がこの制度を利用するにあたっては、中小企業信用保険法第2条第5項に規定する「特定中小企業者」であることについての認定を市から受けることが必要になります。

認定対象

  1. 中小企業信用保険法第2条第5項第1号から第8号までのいずれかの要件に該当していること。
  2. 法人の場合、登記上の住所地または事業実体のある事業所の所在地が杵築市内であること。
  3. 個人の場合は、事業実体のある事業所の所在地が杵築市内であること。

注意事項

  1. 本認定とは別に、金融機関及び信用保証協会の金融上の審査があります。
  2. 市長から認定を受けた後、本認定の有効期間内(認定書が発行されてから30日以内)に金融機関または信用保証協会に対して、経営安定関連保証の申し込みを行うことが必要です。

第1号
倒産企業関係
第2号
事業活動の制限関係
第5号
不況業種関係
第6号
破綻金融機関等関係
第7号
金融取引の調整関係
第8号
金融貸付債権の譲渡

詳しくは→大分県信用保証協会HP http://www.oita-cgc.or.jp/

セーフティーネット5号(イ)提出書類

『セーフティーネット保証』についての申請は【第5号(イ)】が大半を占めています。

以下の申請様式と、売上の根拠が分かる資料を揃えて、市役所に提出してください。

※【第5号(イ)】以外の特殊な申請の場合は、下記連絡先にお問い合わせください。