ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 商工観光課 > 相談したいときはどうするの

相談したいときはどうするの

印刷用ページを表示する掲載日:2014年4月1日更新

相談するときは

 消費生活相談窓口に相談する前に、事前に準備しておくとその後の相談がスムーズに進みます。ご紹介します。

整理すること

  (1) どんな商品をいつ、いくらで買ったのか

  (2) 業者の会社等の名称、連絡先、担当者名など

  (3) 業者はどのような勧誘(説明)をしたのか

  (4) 業者との間にどんなやり取りがあったのか

  (5) なぜ契約をしようと思ったのか            など

準備すること

 業者からもらった契約書、見積書、領収書、名刺やメモなど、業者が残していったものを保管し、手元に準備してから相談しましょう。


 契約時の状況や、これからどうしたいのかの意思を確認するためにも、できるだけ契約した本人が相談してください。どうしても本人が相談するのが難しい時は、本人の承諾を得たうえでご相談ください。

   ※相談を整理するときにご利用ください。