ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 耕地水産課 > 多面的機能支払交付金

多面的機能支払交付金

印刷用ページを表示する掲載日:2014年6月20日更新
「多面的機能支払制度」は、農業の持つ多面的機能の維持・発揮を図るための地域の共同活動を支援し、今後とも多面的機能が適切に発揮されるようにするとともに、担い手農家への負担を軽減することを目的とした制度です。

対象となる活動例

■農地維持支払
 農用地の点検、農用地の草刈り、水路の泥上げ、農道側溝の泥上げ等

■資源向上支払交付金
 ●地域資源の向上を図る共同活動
  農業施設の機能診断、水路や農道の軽微な補修、景観植物の植栽等の農村環境を良好に保全するための活動等
 ●施設の長寿命化のための活動
  水路の補修、農道の舗装等

交付金額

■農地維持支払
 年間(田:3,000円/10a 畑:2,000円/10a)

■資源向上支払交付金
 ●地域資源の質的向上を図る共同活動
  年間(田:2,400円/10a 畑:1,440円/10a)
 ●施設の長寿命化のための活動
  年間(田:4,400円/10a 畑:2,000円/10a)

交付対象者

■農地維持支払
 農業者等で構成される組織

■資源向上支払交付金
 農業者と地域住民(非農業者)を含めた組織

※交付に当たっては、組織を設立し、事業計画等を作成し、市の認定を受ける必要があります。
※原則活動期間は5年間です。
※中山間地域等直接支払制度と同時に取り組むことが可能です。
※農地維持支払については、農業振興地域外でも、多面的機能の発揮のために必要と認められれば取組が可能です。

関連リンク