ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 学校教育課 > 平成28年度全国学力・学習状況調査結果

平成28年度全国学力・学習状況調査結果

印刷用ページを表示する掲載日:2017年6月29日更新

杵築市における結果と考察

1.調査の概要

実施調査名

全国学力・学習状況調査(児童・生徒質問紙調査を含む)

実施日

平成28年4月19日(火曜日)

参加方式

●県内すべての国・公・私立学校

対象学年

調査内容等

【小学校6年生】

小学校5年生までの学習内容

国語・算数の「知識」「活用」

 

【中学校3年生】

中学校2年生までの学習内容

国語・数学の「知識」「活用」

その他

平成19年度~21年度は、悉皆調査。

平成22年度、平成24年度は抽出調査及び希望利用方式。平成24年度・平成27年度は理科を追加。

※平成23年度は、抽出調査及び希望利用方式で実施予定だったが、東日本大震災の影響等を考慮し、調査としての実施を見送り、希望する学校等に対して問題冊子等を配布。

2.「知識」「活用」の調査結果と考察

平成28年度全国学力・学習状況調査 杵築市平均正答率

 

小学校6年生

中学校3年生

教 科

国語

算数

国語

数学

知識/活用

知識

活用

知識

活用

知識

活用

知識

活用

杵築市

71.3

56.3

77.5

45.7

74.1

65.4

57.3

41.9

大分県

72.7

58.2

77.9

46.7

74.7

66.2

60.9

42.1

全国

72.9

57.8

77.6

47.2

75.6

66.5

62.2

44.1

全国学力・学習状況調査は、「知識」と「活用」に分けて調査結果が示されました。

3.児童・生徒質問紙結果と考察

 児童・生徒質問紙調査とは、児童生徒が、自分らしさを大切にしながら、勉強やスポーツに精一杯自分の力を発揮できるよう、一度、自分の生活や心の中を振り返るためのアンケートのことです。
 小学生・中学生ともに、各教科への興味・関心が高まっていることがわかりました。国語、算数(数学)、理科は、「大切である」「役に立つ」「好きだ」という肯定的な回答の割合が小学生・中学生ともにおよそ8割でした。
 一方、携帯電話やスマートフォンを使用する機会が、小学生にもひろがりを見せつつあることがわかりました。携帯電話やスマートフォンの所持率は、小学校の段階で5割に達しています。

 

4.教科別分析と改善方法