ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 文化・スポーツ振興課 > 文化財防火訓練及び初期消火訓練を実施しました

文化財防火訓練及び初期消火訓練を実施しました

印刷用ページを表示する掲載日:2014年1月22日更新

「文化財防火デー」にあわせて、杵築市大田波多方の鷂(タカ)神社で文化財防火訓練及び初期消火訓練を実施しました。

平成24年1月26日に奈良県の法隆寺金堂から火災が発生し、国の重要文化財(壁画)が焼失しました。

昭和30年よりこの日を「文化財防火デー」と定め、この日を中心とし文化財を火災、震災等から守るため、全国的に文化財防火運動を展開しています。

杵築市でも毎年、市内の寺社等で訓練を行っており、今年は1月18日(土曜日)に鷂(タカ)神社で実施しました。

訓練は鷂(タカ)神社総代会と波多方区民によるバケツリレー、文化財搬出訓練、地元消防団・杵築速見消防組合による放水訓練を行い、また実際に消火器を使っての初期消火訓練を実施しました。

バケツリレー  総代会・地元区民によるバケツリレー

放水訓練  消防署・消防団による放水訓練

初期消火訓練  消火器を使っての初期消火訓練