ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 文化・スポーツ振興課 > きつき城下町資料館特別展『木付城・藩主御殿、そして城下町「杵築」のはじまり』 調査報告会を開催しました

きつき城下町資料館特別展『木付城・藩主御殿、そして城下町「杵築」のはじまり』 調査報告会を開催しました

印刷用ページを表示する掲載日:2015年9月8日更新
 きつき城下町資料館で開催された特別展『木付城・藩主御殿・そして城下町「杵築」のはじまり』の記念行事の一環で行なわれた調査報告会『発掘調査でひも解く杵築城藩主御殿と杵築城下町』について紹介します。


 特別展会期 : 平成27年8月4日(火曜日)から平成27年9月23日(水曜日)

 会場 : きつき城下町資料館

 開館時間 : 9時00分から17時00分(入館は16時30分まで)

 休館日 : 毎週月曜日(祝日の場合は翌平日)

・調査報告会開催日:平成27年9月5日(土曜日)13時30分から

『発掘調査でひも解く杵築城藩主御殿と杵築城下町』杵築市職員

きつき城下町資料館特別展『木付城・藩主御殿、そして城下町「杵築」のはじまり』調査報告会を開催しました。

開催場所:きつき城下町資料館(〒873‐0002 大分県杵築市大字南杵築193番地1 Tel0978‐62‐5750)

平成27年8月29日(土曜日) 午後1時30分 教育長の開会のことばではじまりました。

教育長

先週のシンポジウムとはうってかわって、参加者は20人ほど。この後、おこなわれる展示解説を考えるとちょうどいい人数。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     

平川               

画面

 近年の発掘調査で分かった杵築城藩主御殿を含む杵築城周辺や杵築城下町の状況を、パワーポイントを使用しながら報告しました。報告の主な内容は、以下のとおりです。

 ・杵築(木付)城は、中世の在地の城から、豊臣秀吉による天下統一を契機に近世城郭へと変貌し、一国一城令で、破却され、城としての機能は北麓の御殿に移動し、その後、領主は変わるけれども幕末まで続くという、全国的にも、大分県内という地域的にも重要なお城であること。

 ・一国一城令以前の台山の木付(杵築)城、それ以降の杵築城である杵築城藩主御殿、そして現存する庭園と変遷するお城の構成要素が一体となってそろっていることが重要であること。

 ・台山の北麓の埋め立ては、一国一城令時の台山から北麓へのお城としての機能移動の埋め立て、南西麓の埋め立ては、台山のお城の機能停止の埋め立てで、同じ埋め立てでも性格が違うこと。

 ・杵築のもう一つの城下町『立石陣屋』の発掘調査成果の報告。

最後に、別府大学の下村 智先生にコメントをいただきました。ありがとうございました。

下村先生

その後、特別展展示会場に場所を移し、展示品の解説をしました(写真は、愛知県の小牧山城関連の資料を説明するところ)。

小牧山

 展示会場では、流れ解散というものの、多くのみなさんが最後までいらっしゃいました。つたない説明をお聞きいただきありがとうございました。

 おまけ

 特別展のチラシの予告通り、サプライズ展示を行いました。木杭の限定展示が終了しましたので、代わりとして杵築城下町遺跡から出土した遺物の塊を展示しました。

 陶磁器や木製の漆器がまとまって出土したものを、薬剤で固めて取上げたものです。向かって左端は、著です。

陶磁器かたまり

  8月28日の杵築城下町遺跡での試掘調査で出土した漆器を、8月29日に引き続き、当日限定で展示しました。家紋?

漆器漆器アップ

図録絶賛販売中です。(オールーカラー/52ページ/500円)

図録表紙

図録1