ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

麻田 剛立

印刷用ページを表示する掲載日:2016年6月3日更新

「日食」を1年前に予告した天文学者、解剖医家  麻田 剛立(あさだ ごうりゅう)

『月面観測図』の写 享保19(1734)年~寛政11(1799)年

本名:綾部 妥彰(あやべ やすあき)

杵築南台西の人。幼少期より天体に興味を持ち20 歳頃より本格的に観測を行う。
宝暦13(1763)年には官暦にない「日食」を予告し的中する。39 歳で大坂に出て天体観測、解剖医学を研究し、解剖図を遺す。月に「アサダ」のクレーターあり。
伊能忠敬は剛立の孫弟子。 

※『月面観測図』の写は杵築市立図書館所蔵