ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

長谷 九郎

印刷用ページを表示する掲載日:2017年3月24日更新

算盤(そろばん)の発展に全国的な功績を残す  長谷 九郎(はせ くろう)

長谷九郎

明治37(1904)年~昭和53(1978)年

大田波多方(はたかた)の人。
大分師範学校(現大分大学)を卒業して教職に就く。
文部大臣宛に教科名「算術」を「算数」に5つ玉算盤を4つ玉算盤にするように建
議書を提出し採用された。
算盤の普及に尽力し、全国算盤連盟の終身顧問の栄誉を受けた。