ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

是永 六雅

印刷用ページを表示する掲載日:2016年12月9日更新

杵築藩の歴史書を遺した歴史学者  是永 六雅(これなが りくが)

『追遠私考』

安永6(1777)年~嘉永3(1850)年

豊後高田市の人で、後に南台に住む。
文化5(1808)年から杵築藩の事蹟を記す『追遠私考(ついおんしこう)』、『追遠拾遺(ついおんしゅうい) 』の稿を起すも火災に2度、盗難に1度遭うが、26 年間の辛苦の末、天保4(1833)年に完成。
郷土史学の基を遺す。