ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

物集 高見

印刷用ページを表示する掲載日:2016年9月2日更新

国学者、『広文庫』編集者  物集 高見(もづめ たかみ)

物集高見

弘化4(1847)年~昭和3(1928)年

東京大学御用掛、東京師範学校(現筑波大学)御用掛などを経て、帝国大学(現東京大学)などの教授となる。
多くの著書があるが、大正7(1918)年に出した百科事典の先駆けである『広文庫』20巻が最大の業績である。
國學院大學創立委員のひとり。