ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

野口 善兵衛

印刷用ページを表示する掲載日:2017年3月17日更新

立石領の殖産に尽力  野口 善兵衛(のぐち ぜんべえ)

立石にある功徳碑

文政2(1819)年~明治10(1877)年

山香町立石の人。
立石領木下家の重臣。
大分市鶴崎の毛利空桑や日出の帆足万里に師事して勉学に励み、積極的に産業開発の必要性を説いた。
貧困に苦しむ主家と領民のために、溜池の造成、櫨の栽培、杉・檜の植林など殖産に努めた。