ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

豊田 六郎

印刷用ページを表示する掲載日:2017年2月24日更新

石像彫刻の名仏師  豊田 六郎(とよだ ろくろう)

豊田六郎

明治11(1878)年~昭和33(1958)年

山香町那留(なる)の人。
厳しい自己修業と独学で仏師の奥義を極める。
甲尾(こうのお)山山頂の弘法大師像ほか多数の石仏を刻む。
また、仏師として才能を発揮しただけでなく、山浦村の初代産業組合長や村議会議員を一期務めるなど、地方行政にも功績を残している。

 

 

 

 

関連リンク

甲尾山公園‥‥公園内に弘法大師像があります。