ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

豊田 副武

印刷用ページを表示する掲載日:2016年7月29日更新

軍令部総長として最後の「御前会議」に出席  豊田 副武(とよだ そえむ)

豊田副武

明治18(1885)年~昭和32(1957)年

昭和19(1944)年連合艦隊司令長官。
豊田は太平洋戦争開戦、日独伊三国同盟に反対した。
昭和20(1945)年には軍令部総長に任命された。
戦後、戦犯として巣鴨拘置所に入れられたが、主戦論者ではないとして無罪釈放された。