ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 文化・スポーツ振興課 > 平成29年度 きつき城下町資料館企画展『いくさの記憶』-杵築藩士金子家所蔵展-

平成29年度 きつき城下町資料館企画展『いくさの記憶』-杵築藩士金子家所蔵展-

印刷用ページを表示する掲載日:2017年12月25日更新
金子展チラシ
 金子家は、代々徳川家と縁のある大名に仕え、三代忠丘の時に松平英親に見出され杵築藩士となりました。主に留守居役として江戸で生活し、御用人や若様の御伽として藩主の側近を務めました。藩主直筆の書や拝領品からも信頼の厚さがうかがえます。また伝来品の中には合戦図や武具図が多くあり、これらは戦がない時代においても武士の教養として軍学を学び、戦と武具にまつわる教訓を語り継ぐために集められたと考えられます。今回は、金子家所蔵の未公開資料の数々を通して語り継がれてきた「いくさの記憶」を探ります。

開催期間

2017年12月23日(土曜日)から2018年3月11日(日曜日)

開館時間

午前9時から午後5時(入館時間は午後4時30分まで)

展示会場

きつき城下町資料館2階企画展示室

観覧料

大人200円 小・中学生100円

休館日

毎週月曜日(※祝日の場合は翌平日が休館日)