ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

開発行為について

印刷用ページを表示する掲載日:2013年2月6日更新

杵築市内での開発行為について

  開発行為とは、主として建築物の建築又は特定工作物の建設の用に供する目的で土地の区画形質を変更する行為をいいます。
  杵築市内で下記の規模の開発行為等を行う場合は、あらかじめ、大分県知事の許可が必要となります。

■都市計画区域内における開発行為
   開発面積が3,000平方メートル以上の開発行為については、許可が必要です。

■都市計画区域外における開発行為
   開発面積が10,000平方メートル以上の開発行為については、許可が必要です。

許可申請窓口

  杵築市での開発行為に関する窓口は、別府土木事務所 建築住宅課となります。

   別府土木事務所
住所:大分県別府市大字鶴見字下田井14-1
電話:0977-67-0211(建築住宅課)

詳細につきましては、「大分県開発許可制度」でご確認下さい。