ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 税務課 > 軽自動車税に関するQ&A

軽自動車税に関するQ&A

印刷用ページを表示する掲載日:2012年12月18日更新

軽自動車税に関するQ&A

こんなときどうする?

軽自動車税に関するQ&A


Q 私は、4月中旬に50ccのバイクを友人に譲ったのですが、しばらくして自分のところに納税通知書が届きました。バイクは友人に譲ったのに、私が税金を納めなければならないのでしょうか。

A 軽自動車税は、毎年4月1日現在でバイクなどの軽自動車等を所有している人に課税されますので、譲られたバイクの税金は、今年度まではあなたに納めていただくことになります。なお、当該年度の3月31日までに名義変更の申告がなされていませんと、翌年度もあなたに課税されることになります。軽自動車等を譲られたり廃車されたときは、お早めに手続きをお済ませください。


Q バイクが盗難に遭いました。どうすればよいのでしょうか。

A まず、警察に盗難届けをだしてください。それから所有者が盗難届のコピーと印鑑をもって市役所又は支所に廃車の手続きにおこしください。手続きをしないと来年度以降も課税されます。


Q 杵築市のナンバープレートを付けたまま市外に転出しましたが、そのままでいいのでしょうか。

A 必ずナンバープレートを転出先のものに変更してください。バイクの定置場のある市町村に納税していただきます。


Q 身体障がい者などが所有する軽自動車等の場合、減免の制度がありますか。

A 身体障がい者本人(身体障がい者で18歳未満の人と生計を一にしている人)が所有している軽自動車等で一定の要件にあてはまる場合は、減免される制度があります。


詳しくは、税務課市民税係軽自動車税担当までお尋ねください。