ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 市民課 > ご存知ですか?ジェネリック医薬品(後発医薬品)

ご存知ですか?ジェネリック医薬品(後発医薬品)

印刷用ページを表示する掲載日:2013年2月13日更新

ジェネリック医薬品とは

  先発医薬品(新薬)の特許期間が切れたあと、開発メーカー以外のメーカーも、同じ成分・効果の薬を製造できるようになります。これが、ジェネリック医薬品(後発医薬品)と呼ばれる薬です。研究等にかかる時間や費用が少ないため、安価で提供できます。

 効き目・安全性・価格について

  ジェネリック医薬品は、効き目や安全性が実証されている薬と同じ成分であり、厚生労働省の基準をクリアした薬です。

 ただし、同じ有効成分を使用していてもメーカーごとに添加剤などの成分が異なることがあり、体質にあわないこともあります。

 ジェネリック医薬品を処方してもらうには

  ジェネリック医薬品を希望される人は、医師の処方箋が必要ですので、かかりつけのお医者さんか調剤薬局にご相談ください。

 また、ジェネリック医薬品が開発されていない場合や、在庫が無いため取り寄せるのに時間がかかる場合があったり、治療内容や体質などによってジェネリック医薬品を使用できない場合などあります。

 使っていた薬を変更するときは、薬剤師と相談して、試しに1週間分などから変更し、違和感を覚えたら、もとに戻すなどの方法もありますので、詳しくは、医師や薬剤師にご相談ください。

 ジェネリック医薬品希望カードを配布しています

  医療機関の窓口や医師の診察時に提示するジェネリック医薬品希望カードを市民課窓口や山香振興課・大田振興課で配付しています。

 関連リンク

  日本ジェネリック医薬品学会「かんじゃさんの薬箱」