ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 市民課 > 要支援・要介護認定を受けるには

要支援・要介護認定を受けるには

印刷用ページを表示する掲載日:2013年2月1日更新
介護保険の保険者は市町村や市町村が集まった広域連合等になります。

介護保険の保険者・被保険者

1.保険者  介護保険の保険者は市町村や市町村が集まった広域連合等になります。 杵築市は単独で保険者になっています。 
 
2.被保険者
 加入する人(被保険者)は40歳以上の人です。年齢によって変わります。
 (1)第1号被保険者 65歳以上の人
 (2)第2号被保険者 40歳から64歳までの医療保険に加入している人
 ※原則として住所のある市町村の被保険者になります。


介護保険を使ってデイサービスに行ったりホームヘルパーの派遣が必要になった場合は介護保険の要支援・要介護認定(以下:認定)を受ける必要があります。

介護保険の要支援・要介護認定を受けるには

≪必要な手続き≫ 
 介護保険を使ってデイサービスに行ったりホームヘルパーの派遣が必要になった場合は介護保険の要支援・要介護認定(以下:認定)を受ける必要があります。
1.介護保険被保険者証をお持ちになって申請してください。
 要介護要支援の認定には介護保険被保険者証(クリーム色)をお持ちになって各庁舎の窓口で申請します。申請書に必要事項を記入の上窓口まで提出して下さい。
2.調査員がお宅を訪問します
 申請の手続きが終わったら要支援・要介護認定調査を行います。市の職員もしくは居宅介護支援事業所のケアマネージャー(介護支援専門員)が日程を調整の上身体の状況など調査に伺います。
3.認定審査会で協議します
 調査した内容を元にかかりつけ医の意見書を添えて、別杵速見地域広域市町村圏事務組合に設置している認定審査会で介護の度合いを認定します。2週間くらいかかります。
4.被保険者証が送付されます。
 介護の度合いが決まったら市役所より介護度と有効期間が刷り込まれた被保険者証が郵送されますので、その保険証を担当のケアマネージャーに提示し相談してサービスを開始してください。