ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 福祉推進課 > 杵築市在宅重度障害者住宅改造助成事業のご案内

杵築市在宅重度障害者住宅改造助成事業のご案内

印刷用ページを表示する掲載日:2013年1月18日更新

1 補助対象者(下記の(1)(2)の両方を満たす人)

  (1) 本市に居住する在宅の重度心身障がい者(児) (以下「障がい者」という。) またはその同居者
  (2) 上記障がい者と生計を一にする世帯内生計中心者の収入が200万円を越えない人
  (同一敷地内で居住しており、住民票上、別世帯となっている場合も同一世帯とみなします。)

2 障害の程度

  (1) 1級から2級までの身体障害者手帳の交付を受けている人
  (2) A1またはA2の療育手帳の交付を受けている人
  (3) 1級の精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている人

3 対象箇所

  (1) 玄関(または他の室外への出入口)    (2) 台所    (3) 浴室(脱衣室を含む)
  (4) 便所     (5) 廊下     (6) 居室     (7) 階段     (8) 洗面所
  (9)その他必要と認められる改造

4 補助条件等

  (1) 障がいに応じた改造を(外壁の塗りかえ等、障がいに無関係の工事は非該当)すること。
  (2) 工事にかかっていないこと。
  (3) 新築、増築の場合の申請はできません。ただし、浴槽の改造に伴う浴室の拡張や、車いすで使用できるようにするためのトイレの
  拡張等は対象とします。
  (4) 本制度は原則1世帯1回だけしか利用できません。また高齢者住宅改造事業を利用された場合重複して利用できません。
  よって、改造の必要な箇所が数箇所あれば、まとめて申請してください。
  (5) 障がい者が入院中であっても、近日中に退院することが明確な場合(退院日がきまっている場合)には、申請を受け付けます。

5 補助額等

  改造のための助成基本額は、60万円(改造に要する額が60万円未満の場合にはその実費額)とし、
  その負担は割合は、次のとおりとする。ただし、他法令(介護保険等)により助成を受ける場合には、その助成対象額を控除した額を助成基本額とする。
 
階層区分負担割合
公費負担本人
生活保護法(昭和25年法律第144号による被保護世帯)2分の12分の10
その他の世帯3分の13分の13分の1

6 申請の受付期間及び場所

  (1) 受付期間 随時
  (2) 受付場所 福祉推進課(山香庁舎)、杵築福祉係(杵築庁舎)、大田振興課大田民生係(大田庁舎)

7 申請に必要な書類等

  (1) 在宅心身障害者住宅設備改造費補助金交付申請書(様式第1号)
  (2) 改造理由及び現況図(別紙1)
  (3) 改造後の見取図(別紙2)(業者設計図でも可)
  (4) 障害者手帳のコピー
  (5) 所得・税額調査同意書(同一世帯の世帯員の中に1月1日杵築市に非居住の人がいれば
     前住所地での所得・税額証明書が必要です)
  (6) 工事見積書
    1・ 概算見積りではなく、実際の経費を精査のうえ作成すること。
    2・ 介護保険若しくは身体障害者日常生活用具住宅改修費の支給対象者については、介護保険
      (日常生活用具住宅改修費)での支給対象項目(上限20万までの分)と本制度での対象
      項目を分けて記載した見積書(見積りが2通になっても可)を提出すること。
  (7) 生活保護法による被保護世帯の場合は保護受給証明1通(世帯員全員、生活支援係)
     ※なお、証明書の添付がない場合は、「その他の世帯」とみなし、基本額の3分の1が
     自己負担となります。
  (8) 改造前の写真1部(ポラロイド写真は不可)
     改造を必要とする場所の改造前の写真1枚必要(改造場所が複数箇所ある場合はそれぞれの
     場所の写真が必要)です。なお、必要に応じて、改めて写真を提出していただく場合があります。   
  (9) 自宅周辺図
  (10) 借家の場合は改造承諾書。
  (11) 印かん(印かんは提出書類すべて同一のものを使用してください)

8 申請後の手順

   (1) 書類審査(税額調査及び介護保険若しくは日常生活用具での受給状況の確認等を含む)
   (2) 補助対象者等決定(対象者へ改めて通知いたします)
   (3) 実地調査(申請内容を確認するためご自宅へ訪問させて頂きます)
   (4) 補助金交付決定通知書または却下通知書を送付します。
     ※補助金交付決定通知書に、完成届・請求書・案内文書を同封します。
   (5) 補助金交付決定通知書が届きましたら、工事を開始してください。
   (6) 工事が完成しましたら、完成届・請求書(申請者から市長あて)・業者請求書原本(業者か
    ら申請者あてのもので、見積書と同様に工事内容が明記されているもの)・改造後の写真(改
    造前の写真と同じ位置及び角度で、同じ枚数撮影する)を提出してください。
   (7) 完成検査(申請内容と異なった改造の場合は補助金交付決定を取り消すことがあります)
   (8) 工事代金を業者に支払いましたら、その領収書(写し)を提出してください。
   (9) 補助金を指定口座に振り込みます。