ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 健康長寿あんしん課 > 平成29年度 杵築市食推さんおすすめ郷土料理1月「けんちゃん」

平成29年度 杵築市食推さんおすすめ郷土料理1月「けんちゃん」

印刷用ページを表示する掲載日:2018年1月11日更新

杵築市食生活改善推進協議会では郷土料理の研究を行っています。その研究したレシピを食生活改善推進員(食推)がご紹介します!簡単なので是非作ってみてください。

1月は「けんちゃん」です。

けんちゃんは昔から郷土料理として親しまれてきたものです。今は鶏もも肉を炒め入れ、主菜の一品として食卓に上る家庭もあると聞いています。寒い冬の温まるおかずとして重宝します。

けんちゃん

けんちゃん(4人分)

1人分のエネルギー:120kcal
塩分:0.8g

材料

分量

木綿豆腐

半丁(200g)

大根

100g

ニンジン

30g

里芋

80g

乾しシイタケ3~4枚
こんにゃく40g
油あげ小1枚(20g)
サラダ油大さじ1杯(12g)
だし汁300g(材料に合わせて加減する)
しょうゆ大さじ1杯(18g)
みりん大さじ1杯(18g)
大さじ1杯(15g)

食材の写真木綿豆腐の写真油あげの写真

調味料の写真

作りかた

1.木綿豆腐は水を切っておく

2.大根、ニンジンはやや厚めのいちょう切りにする

大根とニンジンをいちょう切りにする

3.里芋は皮をむき、塩(分量外)をふってぬめりを取り、水で洗って5mmくらいの半月切りにする

里芋を5mmくらいの半月切りにする

4.油あげと乾しシイタケは、野菜のいちょう切りに合わせて三角に切り、こんにゃくはスプーンで細かくちぎって塩(分量外)でもみ、水で洗って、水気をきっておく

油あげを切るこんにゃくを切る油あげ、こんにゃく、しいたけの切った写真

5.鍋に油を入れ、ニンジン、大根、こんにゃくを炒める

6.5に乾しシイタケ、油あげを入れ、最後に里芋を入れ、油がなじんだら、だし汁をひたひたより少し少な目に入れる(だし汁の代わりに乾しシイタケの戻し汁を使ってもよい)

7.野菜が柔らかくなったら、みりん、酒、しょう油を入れて煮詰め、最後に豆腐を大き目にちぎって入れ、汁がなくなるまで煮詰める

野菜、調味料、豆腐を入れて煮る

8.汁気がなくなったら器に盛り、お好みでこねぎ(分量外)を盛り付ける

完成写真

※鶏肉を入れるときは、最初に一口大に切った鶏肉を油で炒め、あとの手順は同じです。豆腐を入れてかき混ぜると崩れるので、豆腐を入れた後は鍋をゆするようにして中身をひっくりかえし、調味料をからめ煮詰めていきます。
焦げ付きに注意してください。