ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 健康長寿あんしん課 > 杵築市食推さんおすすめ郷土料理 「6月 おから料理」

杵築市食推さんおすすめ郷土料理 「6月 おから料理」

印刷用ページを表示する掲載日:2016年6月1日更新

 杵築市食生活改善推進員は郷土料理の研究を行っています。その研究したレシピを掲載します!

6月は「おきらず/炒りおから」です。

おきらず

炒りおから

 乾しシイタケの簡単、おいしいもどし方

おきらず

エネルギー:62kcal
塩分:0.4g

・材料・調味料
おから100g60g
コノシロ2分の1尾砂糖25g
かまぼこ2分の1本1g
小ネギ10g

おきらず 材料おきらず 切った材料

作り方

1.小ネギは小口切り、かまぼこは小さめの短冊に切り、コノシロは三枚に下ろし片身を3mm程度に細かく切る。

おきらず 材料の切り方の写真

2. 切ったコノシロは調味料の酢と塩で下味をつける(身が白っぽくなるまで漬けておく)。

コノシロを酢と塩で漬ける写真

3. ボウルにおからを入れ、細かくほぐす、その中にかまぼこ、砂糖、コノシロを酢ごと入れ、小ネギを半分入れよく混ぜる。

ボウルに具材をいれよく混ぜる写真

4. 器に盛り、小ネギをちらし、出来上がり。

おきらず完成写真

炒りおから

6分の1の分量を食べると
エネルギー:80 kcal
塩分:0.9 g

・材料 (作りやすい分量)・調味料

おから

100g砂糖10g
ニンジン

40g

大さじ1杯
乾ししいたけ10gみりん大さじ1杯
油あげ35g濃口しょうゆ大さじ1杯
白だし大さじ1杯
オリーブオイル小さじ2杯
だし汁

300g

炒りおから 材料写真炒りおから 調味料

作り方

1. 乾しシイタケは水でもどし、ニンジン、油あげとともに荒くみじん切りにする。

炒りおからの材料を切った写真

2. 鍋に1.のニンジン、シイタケ、油あげと調味料を入れ、中火で煮る。

鍋に材料をいれた写真

3. 沸騰したら、弱火で煮汁が半分くらいになるまで煮詰める。

鍋で材料を煮詰める写真

4. オリーブオイル小さじ2杯を入れ、おからを弱火で焦げないように炒る。

おからを炒る写真

5. パラパラとしてきたら、3を入れ、なべ底から手早く混ぜる。

鍋でおからと具材を炒める写真

6. 器に盛って、上に季節の青物を飾る。

炒りおから完成写真

※値段が手頃で栄養価も高いおからは昔から家庭で使われていました。 
  簡単につくれるので、是非お試しください。

乾しシイタケの簡単、おいしいもどし方

・材料
乾ししいたけ適量
適量
密封できる袋1袋

  しいたけだしの材料の写真

作り方

1. 袋に乾しシイタケを入れ、水を適量入れ、密封し、冷蔵庫に入れる。

しいたけをもどす写真

2. 1日で使えるが2、3日置くと軸までやわらかくなり、よりおいしくなる。

戻ったしいたけの写真

※もどした汁はだしとして使うとよい