現在の位置
  • ホーム
  • 第42回きつき城下町資料館冬季企画展『ペーパークラフトで見る・知る 伝統的建造物の世界』開催

第42回きつき城下町資料館冬季企画展『ペーパークラフトで見る・知る 伝統的建造物の世界』開催

更新日:2019年11月07日

第42回きつき城下町資料館冬季企画展『ペーパークラフトで見る・知る 伝統的建造物の世界』開催

 江戸時代、武士の居住地であった杵築市北台南台(重要伝統的建造物群保存地区)には、現在でも多くの武家屋敷が残っています。特に家老職を勤めた武士の居宅であった大原邸(県指定有形文化財)は、杵築城下町を代表する建物です。今回、田中勝(たなか まさる)氏(山梨大学大学院教授)により大原邸の1/100のペーパークラフトが完成しました。北は青森県から南は沖縄県まで、約10種類の伝統的建造物模型を展示し、古地図などの歴史資料と合わせて杵築武家屋敷の魅力を紹介します。

大原邸ペーパークラフト

開催期間

 令和元年11月16日(土曜)~令和2年1月19日(日曜)

展示会場

 きつき城下町資料館 2階企画展示室

休館日

 毎週月曜日(祝日の場合は翌平日が休館日)、12月29日~1月3日

開館時間

 午前9時~午後5時(入館時間は午後4時30分まで)

入館料

 大人300円  小・中学生150円

企画展チラシ(表)
企画展チラシ(裏)