現在の位置
  • ホーム
  • 募集情報
  • 「城下町きつき地域通訳案内士」養成講座の受講生を募集します!

「城下町きつき地域通訳案内士」養成講座の受講生を募集します!

更新日:2018年08月29日

訪日外国人へのホスピタリティ・ガイド業務に興味のある方、英語力がある方で通訳案内活動を行いたい方の応募をお待ちしています。

「城下町きつき地域通訳案内士」とは?

通訳案内士法改正により、「地域通訳案内士」の制度が創設され、杵築市が実施する研修を通じて登録が可能になりました。

口述試験合格後、杵築市長に対して登録申請を行うと、「城下町きつき通訳案内士」として有償で通訳案内を行うことができます。

「城下町きつき地域通訳案内士」になるためには?

応募条件

対象者

【日本語が母国語の方】

・TOEIC600点以上

・英語検定2級以上

・TOEFLiBT61点以上相当

上記のいずれかを満たす者

 

【英語が母国語の方】

・日本語能力試験N2級程度

 

※その他、同等以上の能力を有すると認められる者

募集人数

15名

受講期間

平成30年9月30日から平成31年1月下旬(計13回程度)

受講内容

コミュニケーション・ホスピタリティ、杵築市の観光資源、旅程管理、語学研修等

受講料

無料

注意事項

・受講項目の9割以上を受講した方のみ口述試験を受けることができます。

・口述試験に合格された方は、原則として杵築市長に対して「城下町きつき地域通訳案内士」の登録を行っていただきます。

申込方法

●直接申込をされる場合(郵送・ファックス可)

下記よりダウンロード又は商工観光課に設置の申込書に必要事項を記載のうえ、商工観光課へ提出してください。

●インターネットから申込をされる場合

下記の応募フォームから必要事項を記載のうえ、申込ください。

 

募集締切

平成30年9月21日(金曜)17時必着

城下町きつき地域通訳案内士の概要

・平成30年1月4日に施行された「通訳案内士法及び旅行業法の一部を改正する法律」により、「地域通訳案内士」の制度が創設され、自治体が実施する研修により、地域通訳案内士として登録を受けることが可能となりました。
・杵築市では、改正通訳案内士法施行後、観光庁の同意が得られた「城下町きつき地域通訳案内士育成等計画」(平成30年8月23日観光庁同意)に基づいて、城下町きつき地域通訳案内士の育成に取り組みます。
・研修の9割以上を受講し、口述試験に合格した方が、杵築市長への登録申請を経て、城下町きつき地域通訳案内士として登録されます。
・城下町きつき地域通訳案内士の登録を受けた方は、「地域通訳案内士登録証」が交付され、杵築市内において、通訳案内(外国人に付き添い、外国語を用いて、旅行に関する案内をすることをいう。)をすることができます。
※資格を有さない方が、当該資格の名称や類似名称を用いることはできません。
※ただし、資格を有さない方でも、有償で通訳案内することは可能です。

参考

この記事に関するお問い合わせ先

商工観光課 観光係

〒873-0001 大分県杵築市大字杵築377番地1
電話番号:0978-62-1808
ファックス:0978-63-3833
メールフォームからのお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。