現在の位置

市長メッセージ(6月3日)

更新日:2021年06月03日

杵築市民の皆様へ

本日、県内で12人の新型コロナウイルス感染者が確認されました。

そのうち杵築市では、お一人です。

県の発表によりますと、10歳未満、乳幼児、女のお子さんで、施設での感染です。

お子さんご本人はもちろん、保護者の方も大変ご心配のことと存じます。

一日も早いご回復をお祈りします。

全国の状況としては、今月6月20日まで出されています「緊急事態宣言」などの効果もあり、新規の感染者数は減少傾向にあります。

県内においても、新規感染者数の10万人当たりの数が、ピーク時の47人から、現在は11人程度までに減少しています。

しかし、病床利用率は35.4パーセントと、依然として「一般の医療にも支障が生じる状態」である「ステージ3」という厳しい状況にあります。

また、市外ではありますが県内で58例目となるクラスター感染が発生しており、油断できない状況に変わりはなく、県では、「不要不急の外出自粛」や、「県をまたぐ往来の自粛」のほか、「飲食店の営業時間自粛」を今月13日まで延長し、引き続き感染対策をお願いしているところです。

さらに、従来のウイルスよりも感染力が1.5倍強い「アルファ株」いわゆる「英国型」がまん延しており、これまで県内で738人の感染が確認されています。加えてその「アルファ株」のさらに1.5倍強い「デルタ株」いわゆる「インド型」の感染拡大が心配されています。

「変異ウイルス」は、マスクを着けていても感染した事例が報告されています。県では、これまでの感染対策を継続するとともに、屋内では「不織布マスク」を着け、密になる場所では、「二重マスク」をするように呼び掛けています。

ただし、高温や多湿といった環境下でのマスクの着用は、心拍数や呼吸数、体感温度が上昇するなど、体に負担がかかり、熱中症のリスクが高くなる恐れがあります。屋外で人と十分な距離が確保できる場合には、マスクをはずすようにお願いします。

また、マスクを着用する場合は、激しい運動や作業は避け、のどが渇いていなくても、こまめに水分補給をするよう心掛けてください。

こうした感染しない努力を続け、新たな感染者数を減らすことが、医療従事者や施設職員の皆さんの過労を防ぐことにつながります。

市民の皆様には、いわゆる「コロナ疲れ」も重なる中で、ご不自由をかけ、申し訳ありません。引き続き、大切な命を守るための感染拡大防止にご協力をお願いします。

 

 

 

令和3年6月3日

杵築市長 永 松  悟

関連情報

この記事に関するお問い合わせ先

危機管理課

〒873-0001 大分県杵築市大字杵築377番地1
電話番号:0978-62-1802
ファックス:0978-62-0210
メールフォームからのお問い合わせ

ページに関するご意見をお聞かせください
お求めの情報はすぐに見つかりましたか?
ページの内容は分かりやすいですか?
音声での情報取得はスムーズにできましたか?
〔音声読み上げソフト(スクリーンリーダー)を使用している方への質問です〕
ページに関してご意見・ご要望がありましたらご記入ください