現在の位置

3月11日は、東日本大震災が起こった日です

更新日:2020年03月01日

災害に起因する偏見や差別をなくしましょう。

 2011(平成23)年3月11日に発生した東日本大震災から今年で9年が経過します。
 東日本大震災は、大津波の発生により東北地方と関東地方の太平洋沿岸に壊滅的な被害をもたらし、未曾有の大災害となりました。また、地震と津波に伴い発生した東京電力福島第一原子力発電所事故により、周辺住民は避難生活を余儀なくされています。
 平成23年の東日本大震災や、平成28年の熊本地震のような大規模災害が発生した場合は、避難生活が長期に及ぶことがあります。大震災以降、長期間の避難生活を送る被災者への差別や、放射能汚染の風評等に基づく差別的取扱いなどの人権問題が発生しています。
  市民一人ひとりが震災の記憶を風化させることなく、正しい知識と思いやりの心を持ち、被災者の気持ちに寄り添い被災者や被災地域の偏見と差別をなくすことが必要です。
    
      

関連サイト

相談窓口のご案内

みんなの人権110番(全国共通人権相談ダイヤル)

 電話番号 0570‐003‐110 (平日午前8時30分から午後5時15分まで)

*詳細については、下記サイトにアクセスください。

外国語人権相談ダイヤル

電話番号 0570‐090-911 (平日午前9時00分から午後5時00分まで)

*詳細については、下記サイトにアクセスください。

インターネット人権相談受付窓口

*詳細については、下記サイトにアクセスください。

その他問い合わせ先

大分地方法務局杵築支局        電話番号 0978-62-2271

杵築市隣保館(人権・同和対策課)  電話番号/ファックス 0978-62-4799

当市の取り組み

 杵築市では、市民の皆様とともに、東日本大震災等の災害に起因するいわれのない偏見、差別、誹謗中傷で、被災者の方々の尊厳を傷つけることがないよう被災者の方々に寄り添い、「市民一人ひとりが相互に人権を認め合い、真に豊かでゆとりある社会の構築に、あらゆる人々を対象に実施し、人権をあたりまえの習慣、文化として、日常生活に定着させ、すべての市民が人権尊重の精神を踏まえた行動をすることができる社会」の実現をめざして、各種施策に取組んでまいります。

 皆様のご理解とご協力をお願いします。

この記事に関するお問い合わせ先

人権啓発・部落差別解消推進課

〒873-0002 大分県杵築市大字南杵築338番地1(杵築市隣保館内)
電話番号:0978-62-4799
ファックス:0978-62-4799
メールフォームからのお問い合わせ

ページに関するご意見をお聞かせください
お求めの情報はすぐに見つかりましたか?
ページの内容は分かりやすいですか?
音声での情報取得はスムーズにできましたか?
〔音声読み上げソフト(スクリーンリーダー)を使用している方への質問です〕
ページに関してご意見・ご要望がありましたらご記入ください