現在の位置

天下御免の「どぶろく祭り」

更新日:2019年08月29日

どぶろくの振る舞いを行う1300年以上続く由緒ある祭り

毎年10月17日、18日の2日間、白鬚田原神社の秋祭りに境内の酒造庫で造った「どぶろく」を参拝者に振る舞う古式ゆかしい祭り行事です。

どぶろく祭りは710年の神社創建以来、秋の大祭に氏子がご神前にどぶろくをお供え、ご神特を敬い、五穀豊穣、無病息災を祈るために始められたと伝えられています。

九州で唯一醸造許可を得て、神社内の醸造庫で造っているどぶろく造りは、神社創建から江戸時代までの間は自由に醸造していましたが、明治の酒税法改正により、古代より中断なく、毎年醸造していた神社に限り許可され今でも続けられています。

 

どぶろく祭りイベント実行委員会が行うイベントとして17日には神社の名前にちなんだ「鬚自慢コンクール」や、おもてなしと茶文化のPRに江戸千家大分支部杵築不白会による呈茶会を開催します。

また、大祭期間中は大田地域の指定文化財やどぶろく祭りの写真をキャプション付で展示します。 

開催日時

令和元年10月17日(木曜日)から18日(金曜日) 9時から17時まで

開催場所

大分県杵築市大田沓掛1693番地

白鬚田原神社

どぶろくの振る舞い

10月17日(木曜日)と18日(金曜日)の9時から17時まで神社境内でどぶろくが振る舞われます。

どぶろくの振る舞い

どぶろくの振る舞い

境内の様子

境内の様子

イベント

鬚自慢コンクール

鬚自慢コンクール

【日時】10月17日(木曜日)

【場所】神社境内横神楽殿

10時30分~11時00分 陣太鼓OTA演奏

11時00分~12時45分 第27回鬚自慢コンクール

13時00分~14時00分 俣水神楽

【場所】神社境内

10時00分~14時00分 江戸千家呈茶会  

祭事

神輿行列

神輿行列

10月17日(木曜日)

14時00分~15時00分  前日祭

 

10月18日(金曜日)

10時00分~11時00分  例大祭

14時00分~16時00分  神幸祭

JR杵築駅前発どぶろく祭り行き臨時バスのご案内

飲酒運転にならないよう、JR杵築駅から臨時バスが運行されます。

発車時刻は以下のとおりです。

【JR杵築駅前発】

9時00分、9時30分、10時30分、11時00分、12時00分、12時30分、13時30分、14時00分、15時00分、15時30分

【白鬚田原神社前発】

9時45分、10時15分、11時15分、11時45分、12時45分、13時15分、14時15分、14時45分、15時45分、16時15分

(料金)片道大人500円、子ども250円

バス問合せ先  国東観光バス株式会社0978-62-5411

この記事に関するお問い合わせ先

大田振興課 総務係

〒879-0901 大分県杵築市大田石丸445番地
電話番号:0978-52-2222
ファックス:0978-52-2762
メールフォームからのお問い合わせ

ページに関するご意見をお聞かせください
お求めの情報はすぐに見つかりましたか?
ページの内容は分かりやすいですか?
音声での情報取得はスムーズにできましたか?
〔音声読み上げソフト(スクリーンリーダー)を使用している方への質問です〕
ページに関してご意見・ご要望がありましたらご記入ください