現在の位置

杵築市歴史的風致維持向上計画

更新日:2021年04月06日

杵築市歴史的風致維持向上計画

「杵築市歴史的風致維持向上計画」の認定について

 「地域における歴史的風致の維持及び向上に関する法律(通称:歴史まちづくり法)」に基づき作成した「杵築市歴史的風致維持向上計画」について、令和3年2月19日付で認定申請を行ったところ、3月23日に主務大臣(文部科学大臣、農林水産大臣、国土交通大臣)より認定されました。当日は、主務大臣連名の認定証を小林国土交通大臣政務官より市長に対して直接交付されました。

 これまでに全国の83都市が認定を受けており、今回、加賀市(石川県)・大津市(滋賀県)とともに認定を受け、全国での認定数は86都市となり、大分県内では竹田市(平成26年6月認定)、大分市(令和元年6月認定)に次いで3番目の認定となります。

歴史的風致維持向上計画認定式

写真左側より、小林国土交通大臣政務官、永松杵築市長

歴史的風致維持向上計画認定証

歴史的風致維持向上計画認定証

「歴史的風致維持向上計画」とは

 平成20年11月に施行された「地域における歴史的風致の維持及び向上に関する法律」(通称:歴史まちづくり法)に基づき、市町村が「歴史的風致維持向上計画」を策定し、国の認定を受けたうえで、この計画に基づく歴史的風致を維持および向上させる施策を展開することにより、個性豊かな地域社会の実現を図り、都市の健全な発展と文化の向上に寄与することを目的としています。

※歴史的風致とは、歴史まちづくり法第1条において「地域におけるその固有の歴史および伝 統を反映した人々の活動と、その活動が行われる歴史上価値の高い建造物およびその周辺の市街地とが一体となって形成してきた良好な市街地の環境」と定義されており、ハードとしての建造物と、ソフトとしての人々の活動をあわせた概念です。

杵築市歴史的風致維持向上計画の概要

計画期間

令和3年度から令和12年度(10年間)

杵築市の維持向上すべき歴史的風致

・城下の営みにみる歴史的風致

・寄港の道しるべにみる歴史的風致

・水利への知恵と信仰にみる歴史的風致

・とうや行事にみる歴史的風致

重点区域

名称:城下重点区域

面積:約248ヘクタール

※重点区域とは

 重点区域は事業を実施する区域です。

 次のいずれかに該当する土地の区域およびその周辺の土地の区域で、歴史的風致の維持および向上を図るための施策を重点的かつ一体的に推進することが特に必要であると認められる土地の区域を重点区域として指定します。

・重要文化財、重要有形民俗文化財または史跡名勝天然記念物として指定された建造物の用に供される土地

・重要伝統的建造物群保存地区内の土地

(歴史まちづくり法第2条)

歴史的風致維持向上施設の整備又は管理等に関する事業

1)歴史的な建造物の保存・活用に関する事業

1)-1 重要伝統的建造物群保存地区保存整備事業

  1)-2 歴史的風致形成建造物の保存対策事業

  1)-3 歴史的建造物腐朽等対策事業

  1)-4 歴史的建造物保存対策調査事業

  1)-5 史跡杵築城跡保存活用計画策定事業

2)歴史的な建造物を取り巻く環境の保全と形成に関する事業

  2)-1 重要伝統的建造物群保存地区の修景事業

  2)-2 地区計画修景支援事業

  2)-3 空家活用支援事業

3)歴史や伝統を反映した人々の活動の継承に関する事業

  3)-1 伝統文化記録調査事業

  3)-2 文化財保存活用地域計画作成事業

4)歴史文化の周知と交流に関する事業

  4)-1 文化財案内板等整備事業

  4)-2 歴史資料収蔵庫整備事業

杵築市歴史的風致維持向上計画《ダウンロード》

計画は、以下のPDFデータでご覧いただけます。

概要版

計画書

この記事に関するお問い合わせ先

企画財政課 都市計画係

〒873-0001 大分県杵築市大字杵築377番地1
電話番号:0978-62-1804
ファックス:0978-62-3293
メールフォームからのお問い合わせ

ページに関するご意見をお聞かせください
お求めの情報はすぐに見つかりましたか?
ページの内容は分かりやすいですか?
音声での情報取得はスムーズにできましたか?
〔音声読み上げソフト(スクリーンリーダー)を使用している方への質問です〕
ページに関してご意見・ご要望がありましたらご記入ください