現在の位置
  • ホーム
  • トピックス
  • きつき城下町資料館 夏季企画展『きつき偉人伝-麻田剛立・重光葵・村上天心-』

きつき城下町資料館 夏季企画展『きつき偉人伝-麻田剛立・重光葵・村上天心-』

更新日:2021年07月07日

(イメージ)きつき城下町資料館 夏季企画展『きつき偉人伝-麻田剛立・重光葵・村上天心-』

開催場所・会場
きつき城下町資料館 2階企画展示室
開催日・期間
2021年7月1日~2021年8月31日
エリア
杵築地域
イベントの種類分野
イベント / 文化・芸術
イベントの詳細
内容

[開催趣旨]

 杵築市では近世から近現代にかけてさまざまな分野で活躍した偉人を数多く輩出してきました今回はきつき城下町資料館の収蔵品の中から江戸時代の天文・解剖学者として月のクレーターにその名を刻んだ麻田剛立(1734~1799)、戦中戦後期に外交官・政治家として活躍し、終戦時には日本の首席全権代表として降伏文書に調印した重光葵(1887~1957)、大正から昭和初期にかけて安住寺や佐野家の物心両面による支援を受けて、数多くの禅画や仏画、彫刻、陶芸などの多彩な分野で才能を発揮した天才芸術家・村上天心(1877~1953)の作品をご紹介します。

[麻田剛立コーナー]

大分空港がアジア初の宇宙港となったことを記念して、江戸時代に活躍した杵築出身の麻田剛立の足跡を「綾部家文書」の中から紹介します。

asadgoryu

[重光葵コーナー]

杵築の八坂本庄出身で、イギリス、中国、ソ連などで外交官として活躍した重光葵が揮毫した書や関係写真などを中心に紹介します。

shigemitsumamoru

[村上天心コーナー]

禅画や仏画、彫刻、陶芸などの芸術の分野で類まれな才能を発揮した村上天心の作品の多くは安住寺や佐野家に伝世しています。本コーナーでは佐野家に伝わった天心の作品を紹介します。

murakamitenshin

定員 なし
関連ファイル
費用

きつき城下町資料館 入館料

一般 300円 / 小・中学生 150円

問い合わせ先

文化・スポーツ振興課 文化振興係

〒873-0002 大分県杵築市大字南杵築193-1(きつき城下町資料館内)
電話番号:0978-62-5750
ファックス:0978-62-5751

メールフォームからのお問い合わせ

備考

開館時間:10時~17時

(最終入館受付は16時30分まで)

関連ページ

この記事に関するお問い合わせ先

文化・スポーツ振興課 文化振興係

〒873-0002 大分県杵築市大字南杵築193-1(きつき城下町資料館内)
電話番号:0978-62-5750
ファックス:0978-62-5751

メールフォームからのお問い合わせ