現在の位置
  • ホーム
  • トピックス
  • きつき城下町資料館 開館30周年記念 春季企画展『杵築から宇宙へのまなざしー麻田剛立と伊能忠敬ー』

きつき城下町資料館 開館30周年記念 春季企画展『杵築から宇宙へのまなざしー麻田剛立と伊能忠敬ー』

更新日:2022年04月25日

(イメージ)きつき城下町資料館 開館30周年記念 春季企画展『杵築から宇宙へのまなざしー麻田剛立と伊能忠敬ー』

開催場所・会場
きつき城下町資料館 2階企画展示室
開催日・期間
2022年4月29日~2022年6月5日
エリア
杵築地域
イベントの種類分野
イベント / 文化・芸術
イベントの詳細
内容

1)麻田剛立と江戸の天文学
 杵築藩士であった綾部家の出身で、のちに大坂にて天文学者として名を馳せた麻田剛立の足跡を紹介しながら、三浦梅園との友情、天文仲間との手紙のやり取りや当時の天文学事情を関係資料などから紹介します。

藤井隼一郎著「麻田剛立先生研究資料書簡集」所収『麻田剛立月面観測図(写)』
藤井準一郎著「麻田剛立先生研究資料書簡集」所収『月面観測図(写)』(杵築市立図書館所蔵)
『遠西観象図説』(杵築市立図書館所蔵)
『遠西観象図説』文政9年(1826年)(杵築市立図書館所蔵)

2)伊能忠敬の杵築来訪
 文化7年(1810年)に麻田剛立の孫弟子にあたる伊能忠敬が国東半島沿岸部の測量のため、杵築を来訪しています。当コーナーでは、杵築市立図書館に所蔵されている県指定文化財の「町役所日記」や伊能忠敬来訪時の記録を中心に紹介します。
『測量方一行小倉表取計方(部分)
『測量方一行小倉表取計方(部分)』文化7年(1810年)
町役所日記
『町役所日記(諸用控)』文化7年(1810年)

3)広がる宇宙の世界
 杵築市大田の横岳自然公園内にあるキララ館と連携し、キララ館が所有する惑星模型や隕石、天体観察用の望遠鏡をはじめ、H2Aロケットモデル模型(200分の1)、はやぶさ2模型(6分の1)などを展示紹介し、最新の宇宙の魅力について紹介します。
はやぶさ2模型
はやぶさ2模型(6分の1)
屈折望遠鏡
屈折望遠鏡vixenポルタ2A80Mf

定員 なし
申込み

不要

関連ファイル
費用

きつき城下町資料館 入館料

一般 300円 / 小・中学生 150円

出品リスト
問い合わせ先

文化・スポーツ振興課 文化振興係

〒873-0002 大分県杵築市大字南杵築193-1(きつき城下町資料館内)
電話番号:0978-62-5750
ファックス:0978-62-5751

メールフォームからのお問い合わせ

備考

開館時間:10時~17時

(最終入館受付は16時30分まで)

休館日:毎週水曜日(5月4日は開館します。)

関連ページ

この記事に関するお問い合わせ先

文化・スポーツ振興課 文化振興係

〒873-0002 大分県杵築市大字南杵築193-1(きつき城下町資料館内)
電話番号:0978-62-5750
ファックス:0978-62-5751

メールフォームからのお問い合わせ