三万二千石

3万2千石

三万二千石

商品名の「三万二千石」は江戸時代の杵築藩の石高からとったもので、文字通り杵築の歴史を代表する銘菓です。原材料は地元の産物や九州産にこだわり、インゲン豆は北海道産の良質なものを使用しています。製餡も最近では珍しい製餡器を使い、手作業で練りあげています。漉し餡にラムレーズンを混ぜた、上品で口当たりの良い乳菓で、日本茶にも紅茶にもよく合うと評判です。お土産、お茶請けなど様々なシーンに最適です。

生産者

生産者写真

株式会社 松山堂 代表取締役

曽我 章弘

創業者、先代から受け継いだ伝統の技術を日本全国に発信し、これが「杵築の菓子」と誇りをもって作っていきたいと思います。

認定情報

製品名

 三万二千石

製造場所

大分県杵築市大字杵築173番地

認定番号

 K30-112019-071

認定日

令和元年12月23日

種別

菓子

生産者

株式会社松山堂

生産者所在地

大分県杵築市大字杵築173番地

商品のお問い合わせ先

松山堂(電話番号 0978-62-2223)

この記事に関するお問い合わせ先

商工観光課  ブランド・ふるさと納税係


〒873-0001 大分県杵築市大字杵築377番地1
電話番号:0978-62-1808
ファックス:0978-63-3833
メールフォームからのお問い合わせ


ページに関するご意見をお聞かせください
お求めの情報はすぐに見つかりましたか?
ページの内容は分かりやすいですか?
音声での情報取得はスムーズにできましたか?
〔音声読み上げソフト(スクリーンリーダー)を使用している方への質問です〕
ページに関してご意見・ご要望がありましたらご記入ください

更新日:2020年09月25日