現在の位置

工藤 九郎(くどう くろう)

更新日:2018年10月05日

実業家、『落柿舎(らくししゃ)』十一代庵主 工藤 九郎(くどう くろう)

工藤九郎の写真

明治23(1890)年~昭和46(1971)年

山香町広瀬の人。
裸一貫で大阪堂島一の米穀商となる。
終戦後は居を東京に移し、電気会社、鋳物会社経営の傍ら、多額の育英資金を寄付するなど故郷のために尽くした。
晩年は、俳諧に精通し松尾芭蕉翁ゆかりの京都市の『落柿舎』と滋賀県大津市の『義仲寺(ぎちゅうじ)』の庵主を務める。

この記事に関するお問い合わせ先

文化・スポーツ振興課 文化財係

〒873-0002 大分県杵築市大字南杵築193-1(きつき城下町資料館内)
電話番号:0978-62-5750
ファックス:0978-62-5751

メールフォームからのお問い合わせ

ページに関するご意見をお聞かせください
お求めの情報はすぐに見つかりましたか?
ページの内容は分かりやすいですか?
音声での情報取得はスムーズにできましたか?
〔音声読み上げソフト(スクリーンリーダー)を使用している方への質問です〕
ページに関してご意見・ご要望がありましたらご記入ください