現在の位置

求道庵 長誉(ぐどうあん ちょうよ)

更新日:2018年10月05日

錦江橋を架けた宗教家 求道庵 長誉(ぐどうあん ちょうよ)

現在の錦江橋の写真

文化10(1813)年~明治14(1881)年

杵築南台西の人。
長昌寺13 世住職。慶応4(1868)年の神仏分離令で法灯激震するも仏法を護持する。
当時八坂川渡河は船であったため、上人は架橋を計画するが藩の許可、地元同意、資金調達、架橋技術等問題が山積し、十数年をかけ明治10(1877)年竣工。

この記事に関するお問い合わせ先

文化・スポーツ振興課 文化財係

〒873-0002 大分県杵築市大字南杵築193-1(きつき城下町資料館内)
電話番号:0978-62-5750
ファックス:0978-62-5751

メールフォームからのお問い合わせ

ページに関するご意見をお聞かせください
お求めの情報はすぐに見つかりましたか?
ページの内容は分かりやすいですか?
音声での情報取得はスムーズにできましたか?
〔音声読み上げソフト(スクリーンリーダー)を使用している方への質問です〕
ページに関してご意見・ご要望がありましたらご記入ください