現在の位置

杵築市内における土砂災害警戒区域等の指定区域

更新日:2018年08月01日

 現在、大分県がいわゆる土砂災害防止法(正式名称:土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律)に基づいて土砂災害警戒区域(いわゆるイエローゾーン)および土砂災害特別警戒区域(いわゆるレッドゾーン)の指定を行っています。杵築市内でも既に指定されている区域があります。
 土砂災害警戒区域などに指定されますと、次のようになります。

土砂災害警戒区域(イエローゾーン)

1.警戒避難体制の整備

土砂災害から生命を守るため、災害情報の伝達や避難が早くできるように警戒避難体制の整備が図られます。

土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン)

1.特定の開発行為に対する許可制

 住宅宅地分譲や、老人ホーム、病院など災害弱者関連施設の建築を行う場合の開発行為には許可が必要になります。

2.建築物の構造規制

 想定される衝撃に対し、建築物が安全であるか建築確認がされます。

指定区域の確認は下記の場所にある公示図書でできます。

  • 大分県別府土木事務所管理課(別府市大字鶴見字下田井14-1 電話番号(代表) 0977-67-0211)

詳しい位置や規制の内容の確認は別府土木事務所管理課にお問いあわせください。

また、大分県が作成したホームページ「大分県土砂災害危険箇所情報インターネット提供システム」でも指定区域を表示しています。ご利用ください。

注意

正確な位置は表示できません。また、最新の状況を反映しているとは限りません。ですから、公示図書での確認を必ず行ってください。

リンク

この記事に関するお問い合わせ先

危機管理課 防災係

〒873-0001 大分県杵築市大字杵築377番地1
電話番号:0978-62-1802
ファックス:0978-62-0210
メールフォームからのお問い合わせ

ページに関するご意見をお聞かせください
お求めの情報はすぐに見つかりましたか?
ページの内容は分かりやすいですか?
音声での情報取得はスムーズにできましたか?
〔音声読み上げソフト(スクリーンリーダー)を使用している方への質問です〕
ページに関してご意見・ご要望がありましたらご記入ください