現在の位置

猛毒のヒョウモンダコにご注意ください!!

更新日:2019年07月23日

 杵築市の沿岸部において、猛毒のヒョウモンダコの目撃情報がありました。海に入る際には本種を含め、種類の分からないタコにはむやみに触らないようにしてください。

ヒョウモンダコについて

ヒョウモンダコは10cm程の小型のタコで、唾液にはフグの持つ神経毒と同じテトロドトキシンを含んでいます。

ヒョウモンダコに噛まれると、けいれん、呼吸困難などの症状を起こし、死に至る場合があります。

通常は周囲の岩や海藻に擬態(写真左)しており、刺激を受けると「青い輪や線の模様のある明るい黄色」(写真右)に変化します。

ヒョウモンダコの毒は死亡後も分解されず、タコの体内に残留しますので、絶対に食べないでください。

画像提供:大分県農林水産部 漁業管理課

白い水槽に入れられた通常状態のヒョウモンダコ

通常状態のヒョウモンダコ

白い水槽に入れられた興奮状態のヒョウモンダコ

興奮状態のヒョウモンダコ

この記事に関するお問い合わせ先

耕地水産課 水産係

〒873-0001 大分県杵築市大字杵築377番地1
電話番号:0978-62-1810
ファックス:0978-66-1033
メールフォームからのお問い合わせ

ページに関するご意見をお聞かせください
お求めの情報はすぐに見つかりましたか?
ページの内容は分かりやすいですか?
音声での情報取得はスムーズにできましたか?
〔音声読み上げソフト(スクリーンリーダー)を使用している方への質問です〕
ページに関してご意見・ご要望がありましたらご記入ください