現在の位置

60歳を過ぎても国民年金に任意加入できます

更新日:2018年11月22日

 老齢基礎年金の受給には、原則として保険料納付期間と免除期間などをあわせた期間が10年以上必要です。
 10年の資格期間に満たない人は、70歳になるまでに保険料を納めて受給資格を得る見込みがあれば、国民年金に任意加入することができます。
 また、満額受け取るには、20歳から60歳になるまでの40年間保険料を納めることが必要です。
 未加入期間や納め忘れ、免除期間があり満額とならない人は、60歳から65歳の間、国民年金に任意加入して受給額を増やすことができます。

この記事に関するお問い合わせ先

市民生活課 年金・福祉・子ども窓口係

〒873-0001 大分県杵築市大字杵築377番地1
電話番号:0978-62-1806
ファックス:0978-62-3141
メールフォームからのお問い合わせ

ページに関するご意見をお聞かせください
お求めの情報はすぐに見つかりましたか?
ページの内容は分かりやすいですか?
音声での情報取得はスムーズにできましたか?
〔音声読み上げソフト(スクリーンリーダー)を使用している方への質問です〕
ページに関してご意見・ご要望がありましたらご記入ください