現在の位置

限度額適用認定証・標準負担額減額認定証の申請をしていただくと便利です

更新日:2020年04月01日

ご入院など高額な医療を受けられる方について、「限度額適用認定証(非課税世帯は「限度額適用・標準負担額減額認定証」)」の交付を受ければ、1つの医療機関における1か月の医療費の負担が、自己負担限度額までとなります。認定証の交付を希望される方は、窓口にて申請してください。

70歳以上74歳未満の加入者のうち、所得区分が「現役並み所得者3」または「一般」に該当する方は、「国民健康保険被保険者証兼高齢受給者証」を医療機関に提出することによって、窓口での負担が自己負担額までとなりますので、限度額認定証等の交付申請を行う必要はありません。

※保険税に滞納があると認定証の交付ができない場合があります。ご相談ください。

※国民健康保険に加入している世帯員の方で、所得等の申告をされてない方がいる場合、申告が済んでからの発行となります。 

1.窓口での自己負担限度額

高額療養費のページでご確認ください。

国民健康保険の高額療養費については、下記リンクをご覧ください。

後期高齢者医療の高額療養費については、下記リンクをご覧ください。

2.入院時の食事代

 入院時の食事代は、1食当たり460円を自己負担します。

 住民税非課税世帯(オ)・低所得者1・低所得者2の人は、限度額適用・標準負担額減額認定証を、事前に医療機関窓口に提示することで、食事代の減額を受けられます。

入院時の食事代一覧
区分 内容 金額
住民税非課税世帯(オ)
低所得者2
90日までの入院 210円
住民税非課税世帯(オ)
低所得者2
90日を超える入院(注釈1)
※90日を超えた場合、あらためて申請が必要です。
160円
低所得者1   100円


(注釈1)住民税非課税世帯(所得区分オ、低所得者2)の方の過去12か月の入院日数の合計が91日以上になる場合。ただし、課税されていた入院期間は除く。

※区分(オ・低所得者1・低所得者2)の所得条件については、高額療養費のページでご確認ください。

国民健康保険の高額療養費については、下記リンクをご覧ください。

後期高齢者医療の高額療養費については、下記リンクをご覧ください。

3.認定証の有効期限

有効期限は7月31日まで(最大1年間)となっています。(毎年更新の手続きが必要です。)
 

4.申請の時期

医療機関にかかる前に申請をしてください。(申請月の1日から認定します。)

5.申請に必要なもの

ア.国民健康保険証

イ.印鑑

ウ.窓口に来る人の本人確認ができるもの(マイナンバーカード、運転免許証など)

※同一世帯以外の代理人が申請する場合には、委任状が必要です。

6.申請窓口

本庁舎

市民生活課国保係

山香庁舎

山香振興課

大田庁舎

大田振興課

この記事に関するお問い合わせ先

市民生活課 国保係

〒873-0001 大分県杵築市大字杵築377番地1
電話番号:0978-62-1806
ファックス:0978-62-3141
メールフォームからのお問い合わせ

ページに関するご意見をお聞かせください
お求めの情報はすぐに見つかりましたか?
ページの内容は分かりやすいですか?
音声での情報取得はスムーズにできましたか?
〔音声読み上げソフト(スクリーンリーダー)を使用している方への質問です〕
ページに関してご意見・ご要望がありましたらご記入ください